中山七里著「ふたたび嗤う淑女」読みましたー

前作の「嗤う淑女」を読んでないのに続編の「ふたたび嗤う淑女」を読んじゃいました。


内容的にそこまで好きっぽい話じゃないんですが、
中山七里さんの新作ということで読んでしまいました。
(そういう意味で前作まで手をつけてなかったという)


続編ですが、前作を読んでなくても全く問題なく読めました。

しかも、やはり一気読み。章ごとに短編チック(続いてるんですけど)とうこともあり、
結構サクサク進みます。

で、その章の主人公(?)が陥れられていくんですが
最後どう終わるんだろうということで一気に進みます。


オチのオチ(書いたらダメだと思うので書きませんが)は途中で気づくんですが、
(多分読んでたら結構気づくし、気づく前提で書かれているとは思いますが)

そのオチにどうたどり着くのか、また、たどり着いてもどう終わるのか、
といった点に興味が引っ張られよむよむ。


いやー、面白かったです。

アマゾンなどのあらすじを読んでいただくとわかるように
なんとも言えない悪女が主人公のため、読後爽やかにもならないし、
なにか得るものを感じるわけでもありませんが、
読み切って面白かったという満足感が得られます。
(十分作者の思惑通りだと思います)


他小説(「総理にされた男」)の登場人物が名前で出てきたりと、
ファンには別の楽しみも用意されているところがなかなかニクいところでもありました。



中山七里さんの幅広さを改めて感じられた1冊でした。
また、次もどんな作品を届けていただけるのか楽しみですね。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ふたたび嗤う淑女 [ 中山七里 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/2/24時点)


0 件のコメント :

コメントを投稿