シャトー・グランジャン ブラン レゼルヴ 2012 スッキリ飲みやすい













冬場は全くと言っても飲まない白ワインですが、


暑くなってくると自然に飲んできますね。


ビールが暑くなるとうまいのと同じでしょうか。

(私は年中スパークリングは飲みますが、頻度は確実に暑くなると高くなりますね)



赤もですが、白はやっっすいものを買うとペラペラ度が半端無いので

なかなか当たり外れが難しい。


ワインも最低2000円以上出せばハズレは減りますが、

テーブルワインで2000円って頻度高く飲む場合はハードル高い。


ってことで、ちまちまと1000円台のワインを飲んで

当たり外れを繰り返していますが、本当はちょっと張って

その分回数減らすほうがおいしいのには会えるんですけど。


わかりつつできないのが人間の性というものですね。



で、今回は外で飲んだ時のものですが、多分売価は1000円前後でしょう。


レゼルブとなってますが、味は軽く飲みやすい。

ま、ペラペラとまではいかなかったのでありでしょう。


スススっと飲めます。


しかし、楽天なんかで探すと同じものが全く出てこない。

そういう意味では珍しいのか?



下記は同じ系統かと。白でVVバージョンです。



※VVっていうのは「Vieille Vignes(ヴィエイユ・ヴィーニュ)」(あぁ、言いづらいし書きづらい)

と、呼ばれるもので、「樹齢の高いぶどうの木」ってことで古い樹に出来たぶどうから

つくったワインですよ。ってことです。

古いって100年?っていう時もありますが、こんな安ワインの場合は

30年以上くらいでしょうか。


基本VVってことは、古い樹なのでぶどうもそれだけいいものでっせという

アピールと思っていただければ。

(でも、VVだからって全部おいしいわけではないです。

おいしい確率が上がるよってくらいで思っておいてもいいかもね)








0 件のコメント :

コメントを投稿