「ギャラクシー街道」感想… 30分で飽きた…

また今さら感の映画ですね。

そうです。これも数合わせで借りた1本。なので、もう時代からかなり取り残され感ありつつ見ました。で、それでも感想書きますよ。

先に言っておきますと、見る前に評価は全く見ず(というか知らず)に鑑賞しました。それくらい興味なかったとも言えるんですが…。

じゃぁ、なんで借りたのかというと、三谷幸喜はそこそこ好きで映画もちょいちょい見に行ってました。

ただ、「ステキな金縛り」が個人的にかなり外した(正直面白みをほぼ感じなかった)ことと、その次の「清須会議」もまぁまぁ程度(ステキな金縛りよりは面白かった。これは歴史的背景があったことと、それにともなってストーリーがまともにあったのでそれでカバーできていたと思う。)に感じたので、その後の「ギャラクシー街道」はどうかなー、設定で当たり外れ大きそうだなぁ、と思ってそのまま映画館には足を運ばず終わっていた1本でした。

前フリがやっとおわったところで、本題の「ギャラクシー街道」ですが、ビビるほど面白くなかったです。

と、いうか30分で飽き飽きしてしましました。

出だしは、面白そうと思いました。設定や雰囲気で完全に宇宙を舞台にしたコメディで感じ的には面白くなりそうじゃない。と最初の5分位は思って期待した。

が、どれも多分悪くないんですが、全部弱いというか浅いというか、結局面白くなかった。

キャラそれぞれの設定はそこまで悪く無いと思ったんですが、それぞれの話というかオチがすべて微妙というか「それだけ?」という終わり方。しかもインパクト弱いので、ダラダラ小ネタをやってるだけという感じでした。

小栗旬のキャラなんて結構好きだったし、トイレのやり取りとかもベタベタですが個人的には好きでしたが、最後はタマゴ取れなくて終わり?それだけ?って終わり方。

多くのスターを出しまくった分、キャラ設定まではいけてたと思うんですが、それぞれの話が分散しすぎて全部浅く終わってしまって、結局本ストーリー(香取慎吾と綾瀬はるかの夫婦役コンビが愛を取り戻す話)も特に起伏を感じず終わってしまった。。。

最後のTMR(西川貴教)の歌も『え?なんで歌うの?』って歌はうまいんですが意味不明。

 

最初から最後まで一番思ったのは

『で?』

という感想。

 

果たして他の人はどうだったんだろうと、ネットで評価を見ると酷評多いですね。

正直おもんなかったけど、そこまでいうかー、という内容もありましたが、映画館で見ていたら(期待もあっただろうし)私ももっとマイナス評価だったかもね、と思ってしまいました。

正直、次回作が出てもそうとう面白そうと感じないと(予告でそう思わされないと)、映画館は行かないでしょうね。実際『ギャラクシー街道』で言ってないのでなかなか行かないと思いますけど…。

『THE 有頂天ホテル』は素直に面白かったです。

あと、私が三谷幸喜さんの作品で一番好きなのは『振り返れば奴がいる』なんですねー。作品というか脚本ですが。

多分、日本のドラマでトップ10に入る好きさだと思います。(後年に作られたスペシャルドラマは余分だったので除く)

織田裕二もかっこよかった。全く笑わない役があれほどかっこよく感じたのもないでしょう。というか、いまも日本であぁいうドラマはなかなか作れないですしね。石黒賢とのライバル関係最高だったなぁ。多分、再放送とか含めて3回位見たんじゃないでしょうか。(最後に流れるCHAGE&ASKAの「YAH YAH YAH」がまたこれ最高なんですわ。次回どうなるんだろうと一緒に歌ってしまう)

と、いうことでまた三谷幸喜さんが楽しい作品作ってくれることを願いつつ。

0 件のコメント :

コメントを投稿