「シークレット・ガーデン」感想:ベタにおもろい。人気あったのもわかる

みなさん、こんにちは(なんでしょうか)。九流(くりゅう)です。

いくらでもみるものがHDに溜まっていますが、やっとひとつ見終わりました。

後で知りましたが有名作品らしいですね。今回は「シークレット・ガーデン」です。2010年の作品とのことだが、面白かったですね。

BS放送でしたが、無料放送ということで(だと思いますが)、結構カットされれいるようでした。途中の場面展開がバチッと変わったことが度々あったことと、ちょっと話が飛んでるな、と思うことが何度かありました。それでも、面白さは損なわれていなかったと思います。

ストーリーは今さらなので飛ばしましょう。(というより説明する文章力がないというのはシークレットで…)

御曹司であるヒョンビン(キム・ジュウォン)が、身寄りもお金もないスタントウーマンのハ・ジウォン(キル・ライム)に惚れるという話。実は繋がりがあったりという点はありがちですが、それがきっかけではなく、惚れあっていくのはベタにラブストーリーでよかったですね。

そんな二人より、実はキーマンはユン・サンヒョン(オスカー)だったかなと。ジュウォンにとって従兄でありつつ韓流スターでキル・ライムにとっては憧れの人っていうのもよかった。ダメダメながらもまっとうな人に目覚めていくのも単に公正するってことじゃなくて、愛するキム・サラン(ユン・スル)のためってところも不自然じゃなく、話的にも余分じゃなく普通に面白かったです。

個人的イチオシであるイ・ジョンソクが出ていたのも知らず出てきた時は嬉しかったですね。しかも、ゲイ役でオスカーを好きだが素直に表せないというのもいい感じでした。ユン・サンヒョンはこのイ・ジョンソクとの共演である「君の声が聞こえる」を先に見ていたため、すっごく印象が違った。「君の声が聞こえる」は冴えない弁護士役だったので、それが韓流スターってどうよって思ってみてました。

(時系列的にはもちろん逆なんですけどね…。私の見た順番が反対だったのでね…)

「シークレット・ガーデン」は大人気ドラマだったらしいので、ヒョンビンの印象はこっちのほうが一般には強いんでしょうが、これまた順番違いで、私は「ジキルとハイドに恋した私」を先に見ていたので超びっくりした。こんなに貧弱(失礼)ではなく、線が細かったのかと。すっごくイメージ違いますね。今のほうがかっこいいと思いますが…。

ハ・ジウォンもかわいい役ですねー。おいしいというか。こちらも「キング~Two Hearts~」のヒロインだったんですね…(なんでもつながってるなぁ…)。キングは途中で挫折したドラマですが、あちらもかわいかったです。

このドラマは平和に見れるのであまり考えずに楽しめるドラマでした。

メインというか山は17話か18話くらいの意識を失っているキル・ライムをキム・ジュウォンが車で雨の中に走りだす車でしょうね。ここが全てかと。

あとは、最後までキム・ジュウォンの母親が二人を認めなかったのもよかったですね。全部がハッピーではなく、続いていくという感じでした。

20話完結ですが、ちょっと長いとは思いつつ見てよかったと思えた作品でした。ちょっと前の作品ですが、今見ても面白かったのでまだの方にはおすすめです。

 

0 件のコメント :

コメントを投稿