ワイルド・スピード7 スカイミッション For Paul ポール・ウォーカーよ永遠に

ワイルド・スピード(Fast & Furious 7)の最新作「ワイルド・スピード スカイミッション」見てきました。


7作目ですが、この作品がポール・ウォーカーの遺作。







私は、1作目と6作目はビデオで見ましたが、後はすべてスクリーンで見てきました。


ワイルド・スピード1が2001年なので14年弱くらいですか。

1作目は面白かったですが完全にB級映画だったので、


続編が続くのもびっくりしましたが、


こんなに続くシリーズになるとは本当に思いませんでした。











その中で最多の出演が主役のヴィン・ディーゼルではなく、ポール・ウォーカーでした。

(ヴィン・ディーゼルは2作目、3作目は出てません。

3作目の最後だけちょっと出てますがポール・ウォーカーは3作目のみ未出演。)




見てきた方ならわかりますが、ワイルド・スピードの醍醐味は

ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーのコンビ愛というか友情。

(そもそも1がそれで終わっている内容なので)



最近はチームが出来て、ホブス捜査官との微妙な友情までありますが、

やはり二人中心の物語。



特に4からは制作費も出るようになったのか(?)

カーアクションも派手になってきて一般向けの映画になってきました。

それでもメインテーマは変わらず面白かった。


4(ワイルド・スピードMAX)はヴィン・ディーゼル復活祭ということで

それだけで面白かった。



5(ワイルド・スピードMEGA MAX)は、話もチームプレイとしても

一つの完結系というくらいの出来て面白かった。


(新たな敵役ということでホブスもいい味でした)



6(ユーロ・ミッション)は映画館で見てないので大きなことは言えませんが

アクションだけで話はそこまで面白くなかった。



こうやってずっと見てきた中で、ポール・ウォーカーの事故死。

単純に哀しかったです。


もう、GT-Rを愛してくれたポール・ウォーカーを見れないのか。

それだけで哀しかったです。



二人の弟が協力して、シナリオも変更して出来上がったという

「ワイルド・スピード スカイミッション」



もう、おもろい・おもろくないとかじゃなくポール・ウォーカーの遺作として

見とかないとといったものでした。



内容はもう、アクションだらけ。

カーアクションだけじゃなく、ファイティングアクションも盛りだくさんで

これだけ見ても十分楽しめる内容でした。



6(ユーロ・ミッション)とは違い、本当に面白かった。

(けど、アクション続きすぎて疲れたが…)

前と多分監督違うのかな。その影響もあるのかと思います。



ネタバレになりますが、ドバイ(でしたっけ?)での、

ビル飛び3連発(4連発でしたっけ?)はたまらん内容。


ポール・ウォーカーが最後にメインで乗るのが

青のGT-Rっていうのもたまらなかった。

(子どもとの会話も日本車びいきなのも嬉しい限り)


あと、ポール・ウォーカーのためにかもしれませんが、

ポール・ウォーカーのアクションシーンが多く感じました。

これもカット多めにしたのかなぁ、と思いつつ見てました。




最後はどう終わるんだろうと思ってましたが、

毎度(?)の挨拶せずにヴィン・ディーゼルが去り

ポール・ウォーカーが追いかける。



その前の海辺でのチームが見送るシーンも愛に溢れています。



ドミニクにブライアンが追いついたシーンからは、

CGって完全にわかるんですが、それでも

そこからのシーンは涙なしには見れなかった。



劇場が混んでたので涙は堪えましたが(って出てましたが)、

人が少なかったら号泣してましたね…。



ドミニクが乗るダッジ・チャージャーと

ブライアンが乗るスープラ…


1を思い出さずにいられない。

スープラがオレンジではなく白だったのは、

白のスープラがポール・ウォーカーの私物だったものを

そのまま使っているためらしいですが、それは後で知る話。



ブライアン(ポール・ウォーカー)のシーンが1からのものが

フラッシュバックのように流れ、涙。



そして、ドミニクの声。


最後に2台が分かれていく…。



そして、最後に「For Paul」



本当に最後なんだなと。



今後はどう展開するかはわかりませんが、

最初からの「ワイルド・スピード」はこの7で一旦完結です。


ありがとうポール・ウォーカー

ありがとうブライアン・オコナー


……。





0 件のコメント :

コメントを投稿