ソ・ジソブ主演「ファントム」 感想:おもろかった

韓国ドラマは、冬のソナタ(古っ)のイメージで、ベタな恋愛ドラマか歴史物が多いイメージがありました。


この「ファントム」というドラマはサイバースペース(インターネット)の犯罪サスペンス・ドラマって感じで紹介されていたので興味を持ちました。

で、とりあえずは見たよ。






(後で知ると有名らしいが)ソ・ジソブさんが最初は表情がないし、パッと見がカッコええと思えることもなく、どうなんだろうと見てましたが…。


1話が終わる時点で「う、次回が気になる…」

で、2話を見る「次はどうなるんだ…」

と、まんまとハマり、ソ・ジソブさんもいいじゃんと一気に見続けてしまいました。









途中で、キム・ウヒョン(ソ・ジソブ)とチョ・ヒョンミン(オム・ギジュン)との対決になっていきますが、オム・ギジュンさんがやっているチョ・ヒョンミンという役が最高の悪人っぷりで超魅力的です。


チョ・ヒョンミンがどんな手を打ってくるんだろうか、という楽しみで最後まで見切れます。


サスペンス系が好きな方なら楽しめるドラマだと思います。


日本ドラマは「次早く見たい~」「どうしても次見たい~」ってものが少ないと感じてますが、そこは韓国ドラマはうまいなぁと感じさせられます。


ただねぇ、最終回の終わり方だけは「そうなの…」ってオチでしたが。

それを差し引いても見て「おもろかったな」と感じれたドラマでした。



ファントムに限らずですが、韓国ドラマは話数が多いのがなかなか日本ドラマに慣れていると辛いんですが、これは20話なのでなんとか見終えられます。
(3話くらいはカットできるかなぁと思いつつ)



おまけでいうと、ユ・ガンミ(イ・ヨニ)さんとのラブシーンなどがもうちょいあってもいいと思いつつ、そこはあまり期待せずに見ましょう…。






#ソ・ジソブなのかソ・ジソプなのか、公式サイトではソ・ジソブらしいですが、ソ・ジソプっていっぱい書かれているところもあるので、どちらの音にも聞こえるんでしょうね。(韓国語は全くわからん)

0 件のコメント :

コメントを投稿