成城石井 板チョコ「Swiss Chocolate ステラチョコレート カカオ70%と80%」

成城石井で売っていたちょっと高級(?)チョコ。

実はチョコレートはかなり好き。

が、基本高いのよねー。なので、安くて美味しいのを探すのが楽しい。

植物油脂だらけのチョコ風味のお菓子はほぼ興味ありません。
(それはそれでおいしいと思いますが、今求めている食品ではないって意味ですね)

偉そうなこと書いてますが、じゃぁ、お前詳しいのか?というと全然。

よさそう(おいしそう)と思えるのもを軽く買って食べていってる、といったレベル感です。

チョコマスターの楠田枝里子さんなどからしたら石ころ以下でしょう。
(そもそもパティシエ系は全く知らないですし、1粒○○○円とかは求めてない。あ、食べたいですけどね。庶民でハマると破産への道にいってしまうー)


今回のステラの板チョコはスイス産で70gの板チョコレート。

金額はちょっと忘れましたが500円くらいだったかな。

安くはないが、チョコレートとしては高すぎることもない。
(普段食べにはもちろん高級な金額ですけど!)


ステラ ダークチョコレート カカオ70% ”マダガスカル”

ステラ ダークチョコレート カカオ80% ”トリニダード”


輸入者が”東京ヨーロッパ貿易株式会社”となっているので、成城石井の子会社ですかね。なので、成城石井以外ではあまり売ってないかも。


ネットで調べても全然出てきませんでした。

ステラと調べても同じメーカーなのかな?違うチョコレートばかりが出てきました。
50gで金額も高い。ただ、包装などはおしゃれ。あとはオーガニックチョコという点も違うかな。







80%→70%の順番で食べたが、味わいは全く違った。ちょっとびっくり。

最初はカカオ分の違いで味が違うと思っていましたが、味わいが違いすぎるのでおそらくカカオの産地の違いだと思います。


具体的には80%のトリニダード・トバゴ産のカカオを使ったチョコレートのほうがあまく感じる。

もちろんベタ甘ではなく、後味がスッとした甘さだが、70%のマダガスカル産のほうは酸味がすごく強めのカカオ。


原材料欄には「カカオ、砂糖、ココアバター、…」と記載がありました。

原材料表示は使っている量が多いものから記載されるので、砂糖が2番めってことはそこそこ甘いのかもと思っていましたが、どっちも全然でした。


なんでも食べてみないとわかんないなー。

どっちもいいんですが、この金額だとほかのチョコを試してみたいかな、ってところが本音でしたー。

0 件のコメント :

コメントを投稿