バリウム検査の下剤で苦しむの巻

ウン年ぶりにバリウム検査を受ける。

全く忘れていたがベットが回りまくるので思い出す。

で、バリウム飲んで結構言われたり、紙で警告されるのがバリウムが残ったら危険なので必ず排出してね。という話。

元々が下痢症なので基本心配なし。

前回はそれで何の問題もなし。


今回はそもそもバリウム検査を受けるということを認識してなかったので、言われるがまま進む。

で、順調に検査は終わったが、終わりで「必ず水分とってくださいね」というので錠剤を2粒渡される。その際に多分言われたんだと思うが耳に入らず。

その錠剤を水と一緒に飲んでしまった。


帰りがけに「下剤の追加はいらないですか?」と聞かれて下剤と判明!!

聞いただけでお腹の調子が悪くなってきた。

その後はずっと便意をもよおすばかり。

困ったのがお腹の中身がなくなっても便意は起こるので定期的にトイレに駆け込む1日。


もう、水分も怖くて取れない。

食欲もあるが、食べるとより怖くて食べられない。

結局帰宅するまで水も食事もろくにとらず。

それでも何度もトイレに行く。

あぁ、下剤なんて飲むものじゃない。


下剤を飲んでも便が出ないというのはよく聞くので本当に便秘のきつい方はしんどいと思う。


下痢症のきついのもたまらないですけどね。トイレが近くにないと恐怖ですから。

しかも、ウォシュレットじゃないとつらい。

ウォシュレットを普及させたTOTOは神、というか紙!!



5/19追記
バリウム検査久しぶりすぎて忘れていましたが、○んこ流れないですね。

いやー、びっくり。戻ってくる戻ってくる。

1日以上しつこく滞在していただいたので、トイレのほうが壊れてるんちゃうか!と驚くぐらいの元気良さでした。

やっと透明な水に戻ったのでなんとか流れてくれたようですけど…。
(なんて美しくない話)

0 件のコメント :

コメントを投稿